聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 進撃する馬 (アル・アーディヤート)
本章の表現や韻の美しさ,ならびに象徴するところの卓抜さは,79章に似ている。ここに精神的偉力と英和の抵抗できぬ性質が,人間の忘恩,卑劣,助けの無い孤独,無知と対照されて教えられる。本章の啓示の時期は前章に近いころとされる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
吐く息荒く進撃する(馬)において(誓う)。1
   
蹄に火花を散らし,2
   
暁に急襲して,3
   
砂塵を巻き上げ,4
   
(敵の)軍勢の真っ只中に突入する時。5
   
本当に人間は,自分の主に対し恩知らずである。6
   
それに就き,かれは誠に証人であり,7
   
また富を愛することに熱中する。8
   
かれは墓の中のものが発き出される時のことを知らないのか。9
   
また胸の中にあるものが,暴露されるのを。10
   
本当に主は,その日,かれらに就いて凡て知っておられる。11
   
All Rights Reserved © 1995-2016.