聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 恐れ戦く (アル・カーリア)
本章では最後の審判の状況が,恐れ戦く日として記され,人間は気が気ではなく,この世の様相は失われる。しかし各人の行為は正確に計算されて,その真価は判然し万事が確定する。この啓示の時期は前章と同じころである。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
恐れ戦く日(最後の審判)1
   
恐れ戦く日とは何か。2
   
恐れ戦く日が,何であるかをあなたに理解させるものは何か。3
   
(それは)人間が飛散する蛾のようになる日。4
   
また山々が,梳かれた羊毛のようになる(日である)。5
   
それで,かれの秤が(善行で)重い者は,6
   
幸福で満ち足りて暮らすであろう。7
   
だが秤の軽い者は,8
   
奈落が,かれの里であろう。9
   
それが何であるかを,あなたに理解させるものは何か。10
   
(それは)焦熱(地獄)の火。11
   
All Rights Reserved © 1995-2016.