聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » サード
本章は冒頭の省略語サードが,章名とされる。ここの6章のうちにおける本章の地位は。年代的にもまた主題においても37章と同一で,精神界における神秘の紹介である。しかしここでは世俗的な力が,精神的と一緒になるときの働きに主力がおかれ,精神力がいかに重要であるかが強調される。その意味で例証の物語は,王者であり預言者であったダーウードやスライマーンについて述べられ,ひいてわが聖預言者の,こだわることのない公的生活が同様に暗示される。本章の初めの十節は,マッカ市民が聖預言者の叔父アブー・ターリブに対して,預言者ムハンマドの保護を,思い切るよう強要したときに啓示されたものと伝えられる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
サード。訓戒に満ちたクルアーンにかけて。1
   
いや,信仰のない者たちは,高慢で反抗的である。2
   
われはかれら以前に,どんなに多くの世代を滅ぼしたことであろう。かれらは,もはや逃れ得ない時となって(慈悲を)請う。3
   
またかれらは,自分たちの中から警告者が出たことに驚き,不信心者は言う。「これは魔術師です。嘘付きです。4
   
かれは多くの神々を,一つの神にしてしまうのですか。これは全く,驚きいったことです。」5
   
そして,かれらの長老たちは立ち去りながら(その場にいた仲間に言う。)「行きなさい。そしてあなたがたの神々を守り通しなさい。これは(一神教の教え)全くの企らみです。6
   
わたしたちはこれまでの教えで,こんなことを聞いたことがありません。これは作り話に過ぎません。7
   
わたしたちの間で,あんな男にだけ御告げが下ったと言うのですか。」いや,かれらはわれの訓戒に,疑いを抱いている。いや,かれらはまだわれの懲罰を味わったことがない。8
   
それともかれらは,偉力ならびなく,恵み多いあなたの主の,慈悲の宝物を持っているのか。9
   
かれらは天地,そしてその間の万有の,大権をもっているのか。それならかれらに手だてをさせて,(天の玉座まで)登らせなさい。10
   
しかしあれは,鳥合の衆で只敗走するばかり。11
   
かれら以前にも,ヌーフの民,アード(の民)および権勢を張り廻らしたフィルアウンも,12
   
またサムード(の民)やルートの民,および森の民も使徒たちを徒党を組んで嘘付き呼ばわりした。13
   
(これらは)皆使徒たちを嘘付き呼ばわりし,それでわれからの懲罰が確実に下った。14
   
これらの者も,かの一声を待つだけである。それには一刻の猶予もない。15
   
かれらは,「主よ,わたしたちの授かる分を清算の日以前に,急いで下さい。」と言う。16
   
あなたはかれらの言葉を耐え忍べ。そしてわがしもべである堅固の人ダーウードを思え。本当にかれは,(主の)命令に服して讃美しつつ常に(主の御許に)帰った。17
   
われは山々を従わせ,かれと共に朝夕に讃美させ,18
   
また鳥類も,集って,凡てのものが主の命令に服して讃美しつつ常に(主の御許に)帰った。19
   
そこでわれはかれの王権を強化し,英知と断固たる決断力をかれに授けた。20
   
あなたは論争者の物語を聞いたのか,人びとが私室の壁を乗り越えて,21
   
ダーウードのところに入って来たのでかれは驚いた。かれらは言った。「恐れることはありません。これが訴訟の当事者の双方です。一方が他方に不正を働きました。真理によってわたしたちの間を裁いて下さい。不公平がないように,わたしたちを公正な道に御導き下さい。」22
   
「これは,わたしの兄です。かれは99頭も雌羊を持っており,わたしは(只)1頭しか持っていませんでした。ところがかれは,それをも自分に任せなさいと言ったのです。そして言葉巧みにわたしを言い負かせてしまったのです。」23
   
かれ(ダーウード)は,「かれがあなたの羊を,取り込もうとしたのは,確かに不当です。本当に共同で仕事をする者の多くは,互いに侵しあう。信仰して善行に勤しむ者は別だが,それは稀です。」と言った。(その時)ダーウードは,われがかれを試みたことを喩り,主の御赦しを請い,礼拝にひれ伏し,悔悟して主の御許に帰った。〔サジダ〕24
   
それでわれは,かれ(の過ち)を赦した。かれは(今)本当にわれに近づき,多幸な(悟り切った)帰り所にいる。25
   
「ダーウードよ,われはあなたを地上の代理者にした。だから人びとを,真理によって裁き,私欲に従って,アッラーの道を踏みはずしてはならない。アッラーの道から迷う者は清算の日を忘れた者で,必ず厳しい懲罰にあう。」26
   
われは天と地,そしてその間にあるものを,戯らに創らなかった。それは信仰のない者の億測である。だが(いずれ地獄の)火を味わう信仰のない者こそ哀れである。27
   
われが信仰して善行に動しむ者と,地上で悪を行う者と同じに扱うことがあろうか。われが(悪魔に対し)身を守る者と,邪悪の者とを同じに扱うであろうか。28
   
われがあなたに下した啓典は,祝福に満ち,その印を沈思黙考するためのものであり,また思慮ある者たちへの訓戒である。29
   
われはダーウードにスライマーンを授けた。何と優れたしもべではないか。かれは梅悟して常に(われに)帰った。30
   
(ある日の)黄昏時,駿馬が,かれに献上された時のことを思い起しなさい。31
   
かれは言った。「本当にわたしは,(この世の)素晴しい物をめでて,夜の帳が降りるまで,主を念ずることを忘れてしまったのです。32
   
さあ,その馬を連れて参れ。そしてかれは,馬の足と首を切り落としてしまった。33
   
またわれはスライマーンを試み,(病を与え)重態のかれを椅子に据えた。その後かれは回復し,34
   
言った。「主よ,わたしを御赦し下さい。そして後世の誰も持ち得ない程の王国をわたしに御与え下さい。本当にあなたは豊かに与えられる方です。」35
   
そこでわれは,風をかれに従わせた。それはかれの思うままに,その命令によって望む所に静かに吹く。36
   
またわれはシャイターンたちを,(かれに服従させた。その中には)大工があり潜水夫もあり,37
   
またその外に,スライマーンの命令に服さず鎖に繋がれた者もいた。38
   
(主は仰せられた。)「これがわれの賜物である。あなたが与えようと,控えようと,問題はない。」39
   
かれは(今)われの近くにいて,幸せな(悟りきった)帰り所にいる。40
   
わがしもべ,アイユーブを思い起しなさい。かれが主に向かって,「シャイターンがわたしを悩ませ,苦しみ抜いているのです。」と叫んだ時を思い起しなさい。41
   
(すると命令が下った。)「あなたの足で(大地を)踏みなさい。そこには清涼な沫浴と飲料のための(水)があろう。」42
   
われは慈悲として,かれに(再び)家族を2倍にして授け,思慮ある者への教訓とした。43
   
(そして言った。)「一握りの草を手に取って,それで(妻を)打て。あなたの誓いを破ってはならない。」われは,かれが良く耐え忍ぶことを知った。何と優れたしもべではないか。かれは(主の命令に服して)常に(われの許に)帰った。44
   
またわがしもべの,イブラーヒームとイスハークとヤアコーブを思い起しなさい。かれらは偉力を持ち,洞察力があった。45
   
われは,かれらが(来世の)住まいを念じているという純粋な(資質)によって(免じて)かれらを清めてやった。46
   
本当にかれらは,わが目にも選ばれ優れた者であった。47
   
またイスマーイールとアル・ヤサアとズ・ル・キフルを思い起せ。かれらは皆優れた者であった。48
   
これは一つの教訓である。本当に主を長れる者のためには,幸せな帰り所がある。49
   
(それは)永遠の楽園であり,その凡ての門はかれらのために開かれる。50
   
その中でかれらは(安楽に寝床に)寄りかかり,沢山の果実や飲み物が,望み放題である。51
   
また傍には,伏し目がちの同じ年頃の(乙女)が侍る。52
   
これらは清算の日のために,あなたがたに約束されるものである。53
   
本当にこれは,尽きることのない(あなたがたへの)賜物である。54
   
(主を畏れる者は)このようである。だが反逆の徒には,悪い帰り所があろう。55
   
それは地獄である。かれらはそこで焼かれよう。何と悪い臥所であろうか。56
   
(実に)これは,こういうことだがかれらは煮え立つ湯と膿を味わされ,57
   
その外,これに類する(懲罰)をとり合わせて受けることになる。58
   
これはあなたがたと一緒に,むやみに突き進む一群である。かれらには歓迎の言葉もない。火獄で焼かれるだけである。59
   
かれらは(火獄の仲間はかれらの指導者たちに)言う。「いや,歓迎されないのは,あなたがたです。わたしたちのために,こう仕向けたのはあなたがたです。何と悪い住まいに来たものでしょう。」60
   
するとかれらは言う。「主よ,わたしたちをここに連れて来た者には,火獄で倍の懲罰を御加え下さい。」61
   
かれら(火獄の仲間)は言う。「わたしたちが悪人の中に数えていた人びとが見えないのです。どうしたのでしょう。62
   
わたしたちが嘲笑していた者(が見えない)。かれらは,(わたしたちの)目をくらませたのではないでしょうか。」63
   
本当にこれは真相で,火獄の仲間の論争である。64
   
言ってやるがいい。「わたしは警告者に過ぎない。唯一の方,抵抗出来ない方,アッラーの外には神はないのである。65
   
天と地,そしてその間の万有の主,偉力ならびなく寛容であられる。」66
   
言ってやるがいい。「これは至高の知らせである。67
   
あなたがたは,それから背き去るが。68
   
且つて(天使の)高い位階の者たちの論議については,わたしは何の知識もなかった。69
   
これがわたしに啓示されたのは,只わたしが公明に警告するためである。」70
   
あなたの主が,天使たちに,「われは泥から人間を創ろうとしている。」と仰せられた時を思え。71
   
「それでわれが,かれ(人間)を形作り,それに霊を吹き込んだならば,あなたがたは伏してかれにサジダしなさい。」72
   
そこで天使たちは,皆一斉にサジダしたが,73
   
イブリースだけはそうしなかった。かれは高慢で,信仰を拒む者となった。74
   
かれは仰せられた。「イブリースよ,われの手ずから創ったものにサジダするのに,何があなたを妨げたのか。あなたは高慢なのか,それとも高い(偉力ある)者なのか。」75
   
かれは申し上げた。「わたしはかれ(人間)よりも優れています,あなたは火でわたしを御創りになりましたが,かれは泥で創られただけです。」76
   
かれは仰せられた。「それならあなたは,ここから出て行きなさい,本当に忌まわしいから。77
   
そしてわれからの見限りは,審判の日まで必ずあなたの上にあろう。」78
   
かれは申しあげた。「主よ,かれらが呼び起こされる日まで,猶予を願います。」79
   
かれは仰せられた。「あなたを猶予しよう。80
   
定められた日時まで。」81
   
かれは申し上げた。「それでは,あなたの御威光にかけて誓います。わたしはかれら(人間)凡ての者を誘惑します。82
   
かれらの中の,あなたの謙虚なしもべを除いては。」83
   
かれは仰せられた。「それは真実である。われからも真実を言う。84
   
われは,あなたとあなたに従う凡ての者で,地獄を満たすであろう。」85
   
言え,「わたしはこの(クルアーン) に対し何の報酬もあなたがたに求めない。またわたしは偽善者ではない。86
   
これは諸民族に対する訓戒に外ならない。87
   
時が来たら,あなたがたはそれが其実であることを必ず知るであろう。」88
   
All Rights Reserved © 1995-2016.