聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 煙霧 (アッ・ドハーン)
本章名は,第10節に「天が明瞭な煙霧を起す日まで」とあるのにちなみ,名づけられ,早魃,飢饉について記される。ハー・ミーム群の第5番目の章で,世俗的な誇りや力は,精神的な背景がなければ,塵のような取りに足りないもので,善と恵とがどんな結果になるかが説かれる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
ハー・ミーム。1
   
(事物を)明瞭にする,この啓典にかけて(誓う)。2
   
本当にわれは,祝福された夜,これを下して,(悪に対して不断に)警告を与え(ようとす)るものであろ。3
   
その(夜)には,英知に就いて凡ての事が明確にされる。4
   
わが許からの命令である。本当にわれが何時も使徒を)遣わすのは,5
   
あなたの主からの慈悲である。本当にかれは,全聴にして全知であられ,6
   
天と地,そしてその間の凡てのものの主である。もしあなたがた(の信仰)が確かならば。7
   
かれの外に神はなく,生を授け死を授けられる。あなたがたの主,またあなたがたの祖先の主であられる。8
   
それなのにかれらは疑って,戯れている。9
   
待っていなさい,天が明瞭な煙霧を起す日まで。10
   
(それは)人びとを包む。(かれらは言う)。「これは痛ましい懲罰です。」11
   
「主よ,わたしたちからこの懲罰を免じて下さい。本当に信仰いたします。」12
   
どうして(再び)かれらに訓示があろう。かれらには公明な使徒が確かに来たのに,13
   
かれらはかれ(使徒)から背き去って,「他人に入れ智恵された者,(ほ?)かれた者です。」と言ったではないか。14
   
われが暫くの間,懲罰を解除すると,あなたがたは必ず(不信心に)戻る。15
   
われが猛襲する(審判の)日,本当にわれは,(厳正に)報復する。16
   
かれら以前にも,われはフィルアウンの民を試みた。その時かれらに尊い使徒(ムーサー)が来て,17
   
(言った。)「アッラーのしもべたち(イスラエルの子孫)を,わたしに返しなさい。本当にわたしは,あなたがたの許にやって来た誠実な使徒です。18
   
アッラーに対して,高慢であってはなりません。本当にわたしは明白な権威をもって,あなたがたの所にやって来たのです。19
   
あなたがたが(わたしを)石撃ちにするなら,わたしそしてあなたがたの主でもある御方に,救いを求めます。20
   
もしあなたがたが,わたしを信じないならば,わたしには構わないでください。」21
   
そこで,かれは主に祈っ(て言っ)た。「これらは罪深い人びとです。」22
   
(主の御答えがあった。)「あなたは夜の中に,わがしもべと共に旅立て。必ずあなたがたに追っ手がかかろう。23
   
そして海は(渡った後)分けたままにして置け。本当にかれらは,溺れてしまうことであろう。」24
   
かれらは,如何に多くの園と泉を残したか。25
   
また(豊かな)穀物の畑と,幸福な住まいを,26
   
またかれらがそこで享楽していた良い物を(残したか。)27
   
(かれらの最後は)こうであった。そしてわれは,外の民に(それらを)継がせた。28
   
かれらのために,天も地も泣かず,かれらに猶予も与えられなかった。29
   
われは,イスラエルの子孫を屈辱の懲罰から救い,30
   
フィルアウンから(救い出した)。本当にかれは,高慢で無法者であった。31
   
われは思うところにより,かれらを諸民族の上に選んだ。32
   
そして明白な試練を含む,数々の印を与えた。33
   
さてこれら(マッカの偶像信者)は(愚かにも)言う。34
   
「わたしたちは最初死ねば(2度と)起こされない。35
   
もしあなたがた(の言葉)が真実なら,わたしたちの祖先を連れ戻してみなさい。」36
   
かれら(マッカの偶像信者)はトッバウの民か,またそれ以前の者たちより優れているのか。われはかれら(諸民族)を滅ぼしたのである。本当にかれらは罪を犯した者であった。37
   
われは天と地,そしてその間にある凡てのものを,戯れに創ったのではない。38
   
われは,天地とその間の凡てのものを,只真理のために創った。だが,かれらの多くは理解しない。39
   
本当に(善悪の)選別の日は,凡てのものに定められた日である。40
   
その日,友はその友のために何も役立てず,またかれらは援助も得られない。41
   
だがアッラーの御慈悲を被むった者たちは別である。本当にかれは偉力ならびなく慈悲深くあられる。42
   
本当にアッ・ザックームの木こそは,43
   
罪ある者の糧である。44
   
それは溶けた銅のように内臓の中で沸騰しよう,45
   
熱湯が滾りかえるように。46
   
(声がして言われよう。)「かれを捕えよ,燃えさかる炎の只中に,引きずり込め。47
   
それから,かれの頭の上に沸騰する湯の痛苦を浴びせよ。48
   
あなたは(これを)味わうがいい。本当にあなたは,力のある尊貴な者であった。49
   
これこそあなたがたが,疑っていたものである。」50
   
本当に,主を畏れた者は,安泰な所にいる。51
   
園と泉の間に,52
   
絹や錦を纒い,互いに向かい合って,53
   
このようにわれは,輝いた大きい目の乙女たちをかれらの配偶者にするであろう。54
   
かれらはそこで平安に,凡ての果実を求められ,55
   
最初の死の外に,そこで(再び)死を味わうことはなく,燃える炎の責め苦から守護されよう。56
   
あなたの主からの賜物,それこそは至福の成就であろ。57
   
われはこの(クルアーン)を,あなたの言葉(アラビア語)で(下し)分りやすくした。かれらは,理解し諭されるかもしれない。58
   
だからしばらく待って様子を見なさい。本当にかれらの方も様子を伺っているのだから。59
   
All Rights Reserved © 1995-2016.