聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 筆 (アル・カラム)
本章名は,1節の筆において誓うとの語にちなみ名付けられる。マッカ初期の啓示である。本章は一般に,最初の啓示96の凝血章に次いで,本章が啓示されたものといわれている。いつの世でも不信者は,真理を虚偽であるとし,英知を狂気とするのがつねであるから,アッラーは使徒ムハンマドに入びとに正義を行わせ,苦難が下る前にアッラーを念じさせるよう教えられる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
ヌーン。筆に誓けて,また書いたものにおいて誓う。1
   
主の恩恵において,あなたは気違いではない。2
   
いや,本当にあなたには,尽きない報奨があろう。3
   
本当にあなたは,崇高な徳性を備えている。4
   
やがてあなたは見よう,かれらもまた見るであろう。5
   
あなたがたの誰が気違いであるかを。6
   
本当にあなたの主は,道から迷い去った者を,最もよく知っておられ,また導かれている者を最もよく知り尽される方である。7
   
それであなたは(真理を)否認する者に従ってはならない。8
   
かれらの願いは,あなたが歩み寄ることで,そうなればかれらも妥協したいのである。9
   
あなたは,卑劣な誓いをたてるどんな者にも屈従してはならない。10
   
中傷し,悪口を言い歩く者,11
   
善事を妨げ,掟に背く罪深い者,12
   
乱暴(残虐)な者,その外素性の卑しい者,13
   
富と(多くの)子女を持っているために(そうである,これらの者に従ってはならない)。14
   
かれにわが印が読唱されると,「それは昔の物語です。」と言う。15
   
やがてわれは,鼻の上に焼印を押すであろう。16
   
本当にわれは,(果樹)園の持ち主を試みたように,かれらを試みた。かれらが,早朝にそれ(果物)を収穫することを誓った時に,17
   
(アッラーの御望みならば)と,条件を付けることをしなかった。18
   
それでかれらが眠っている間に,あなたの主からの天罰がそれを襲った。19
   
それで朝には,それは摘み取られたようになった。20
   
早朝かれらは互いに叫んだ。21
   
「もし収穫するのならあなたがたの畑に急ぎましょう。」22
   
そこでかれらは低声に囁き合って出かけた。23
   
「今日は一人の貧乏人も,あの(果樹園)に入らせてはなりません。」24
   
かれらは強く心に決めて,朝早く出て行った。25
   
だがかれらがそれを見た時,言った。「わたしたちは,道を間違えている。26
   
いや,わたしたちは(収穫物を)奪われた。」27
   
かれらの中,すこし穏やかな一人が言った。「あなたがたはどうして(主を)讃えないのかと,わたしが言ったのに。」28
   
かれらは,「わたしたちの主を讃える。本当にわたしたちは不義でありました。」と言った。29
   
そこでかれらは,互いに責め合い始めた。30
   
かれらは言った。「ああ悲しい,わたしたちは本当に横柄でした。31
   
主はこれに代る,更に良い(果樹園)を与えられるかもしれない。本当にわたしたちは,(悔悟して)主に嘆願します。」32
   
このようなものが,(現世の)懲罰である。だが来世の懲罰は更に大きなものである。もしかれらに分っていたならば。33
   
本当にアッラーを畏れる者に対しては,主の御許に喜こびの楽園があろう。34
   
われは信心深い者たちを,罪人のように扱うとでもいうのか。35
   
あなたがたはどうしたのか。あなたがたはどう判断するのか。36
   
それともあなたがたには,学ぶに足りる啓典があるのか。37
   
あなたがたが選ぶものは,何でもその啓典の中にあるのか。38
   
それともあなたがたは,審判の日まで有効な誓約をわれと結んだのか。あなたがたが思慮分別することは,確かにあなたがたのものになるのか。39
   
(ムハンマドよ)かれらに問え。「かれらの誰がそれを保証するのですか。」40
   
または,かれらは(主に)配するものがあるのか。かれらが正しいのなら,その配するものを連れて来させなさい。41
   
脛が,現わにされる日(を思いなさい)。かれらはサジダするよう求められる。だがかれらには出来ないであろう。42
   
かれらは目を伏せ,屈辱を被るであろう。サジダするよう,確かにかれらは呼びかけられていた。その時五体満足なのに(拒否した)。43
   
そこでこの御言葉(クルアーン)を虚偽であるとする者をわれに任せよ。われはかれらが気付かない方面から,一歩一々(堕落に)導き,44
   
かれらを猶予するであろう。本当にわれの計略は強く確かである。45
   
それともあなたがかれらに報酬を求め,それでかれらは負担を課せられたのか。46
   
また幽玄界がかれらの手元にあり,それでかれらは(それを)書き下すことが出来るのか。47
   
だから忍耐して,あなたの主の命令を待て。魚の友のようであってはならない。苦しさの余り(かれが)叫んだ時(のように)。48
   
主からの恩恵がかれに達しなかったならば,かれは罪を負わされ,不面目に不毛の地に捨てられたであろう。49
   
このように主は,かれを選び正義の徒の一人となされた。50
   
不信心者は警告を聞く時,その(物凄い)目付きで,あなたを凡んど倒れんばかりにする。かれらは言う。「本当にかれは憑かれた者です。」51
   
だが,この(クルアーン)こそは,万有のための訓戒に外ならない。52
   
All Rights Reserved © 1995-2016.