聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 真実 (アル・ハーッカ)
本章名は,1節の語にちなみ名付けられる。マッカ中期の初めころの啓示であある。真理は破れることなく,必ず勝利を収める。それで現世の生活において,外見の偽りに惑わされてはならないことが,来世に関する論議により教えられる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
確かな真実,1
   
確かな真実とは何か。2
   
確かな真実が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。3
   
サムードとアード(の民)は,突然来る災厄を虚偽であるとした。4
   
それでサムードは雷雲の嵐によって滅ぼされた。5
   
またアードは,唸り狂う風によって滅ぼされた。6
   
7夜8日にわたり,かれらに対し絶え間なく(嵐が)襲い,それで朽ちたナツメヤシの木のように,(凡ての)民がそこに倒れているのを,あなたは見たであろう。7
   
それであなたは,かれらの中,誰か残っている者を見るのか。8
   
またフィルアウンやかれ以前の者や滅ぼされた諸都市(の民)も,罪を犯していた。9
   
かれらは主の使徒に従わないので,かれは猛烈な懲罰でかれらを処罰した。10
   
大水のとき,われが方舟であなたがたを連んだのは,11
   
それをあなたがたへの数訓とさせ,注意深い耳がそれを(聞いて)記憶に留めるためである。12
   
それでラッパが一吹き吹かれた時,13
   
大地や山々は持ち上げられ,一撃で粉々に砕かれ,14
   
その日(一大)事件が起る。15
   
また大空は千々に裂ける。天が脆く弱い日であろう。16
   
天使たちは,その(天の)端々におり,その日,8人(の天使)がかれらの上に,あなたの主の玉座を担うてあろう。17
   
その日あなたがたは(審判のため)みな(剥?)き出しにされ何一つとして隠しおおせないであろう。18
   
それで右手にその(行状)記を渡される者は言う。「ここに(来て),あなたがたはわたしの(行状)記を読め。」19
   
「いずれわたし(信者)の清算(審判)に合うことが,本当に分っていた。」20
   
こうしてかれは至福な生活に浸り,21
   
高い(丘の)園の中で,22
   
様々な果実が手近にある。23
   
「あなたがたは,過ぎ去った日(現世)で行った(善行の)ために,満悦して食べ,且つ飲め。」(と言われよう)。24
   
だが左手にその(行状)記を渡される者は言う。「ああ,わたしの(行状)記が渡さオになかったならば」25
   
「わたしは自分の清算が,どんなものであるかを知らなかった。」26
   
ああ,その(死)が(わたしの)終末であったならば,27
   
富は,わたしに役立たなかった。28
   
「権威は,わたしから消え失せてしまった。」29
   
(だが厳命が下ろう。)「かれを捕えて,縛れ。」30
   
それから燃え盛る火で,かれを焼け。31
   
更に70腕尺の長さの鎖で,かれを巻け。32
   
本当にかれは,偉大なるアッラーを信じず,33
   
また貧者を養うことを勧めなかった。34
   
それでこの日かれは,そこに友は無く,35
   
また,穢しい腐敗物の外に食物はない,36
   
「それを食べるのは,罪人だけである。」37
   
われは,あなたがたが見得るものにおいて誓い,38
   
またあなたがたが見得ないものにおいて誓う。39
   
本当にこれは,尊貴な使徒の言葉である。40
   
これは詩人の言葉ではない。だがあなたがたは,ほとんど信じない。41
   
また,占い師の言葉でもない。しかしあなたがたはほとんど気にもしない。42
   
(これは)万有の主から下された啓示である。43
   
もしかれ(使徒)が,われに関して何らかの言葉を捏造するならば,44
   
われはきっとかれの右手を捕え,45
   
かれの頸動脈を必ず切るであろう46
   
あなたがたの中,誰一人,かれを守ってやれないのである。47
   
本当にこれは,主を畏れる者への訓戒である。48
   
われはあなたがたの中,(それを)拒否する者を知る。49
   
本当にこの(クルアーン)は,不信者にとっては悲しみ(の種)であろう。50
   
だがそれは,本当に確固たる不動の真理である。51
   
だから至大なる御方,あなたの主の御名を讃えなさい。52
   
All Rights Reserved © 1995-2016.