聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 包る者 (アル・ムッダッスィル)
本章名に,1節の語にちなみ名付けられる。前章同様サラート(礼拝)とズィクル(唱念)の重要性, また精神的緊張のさいには忍耐が大切であることが教えられる。前章では,預言者自身の完成につき説かれた。だが本章では一般の者の先成のための警告に重点が置かれる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
(大衣に)包る者よ,1
   
立ち上って警告しなさい。2
   
あなたの主を讃えなさい。3
   
またあなたの衣を清潔に保ちなさい。4
   
不浄を避けなさい。5
   
見返りを期待して施してはならない。6
   
あなたの主の(道の)ために,耐え忍びなさい。7
   
ラッパが吹かれる時,8
   
その日は苦難の日。9
   
不信者たちにとり,安らぎのない(日である)。10
   
われが創った者を,われ一人に任せなさい。11
   
われは,かれに豊かな富を授け,12
   
またその回りに,息子たちを侍らせ,13
   
かれのために,(物事を)円満容易にした。14
   
それでもかれは,われが更に豊かにするよう欲した。15
   
断じて許されない。かれは,わが印に対し頑迷であった。16
   
やがてわれは,酪い痛苦でかれを悩ますであろう。17
   
かれは想を練り,策謀した。18
   
かれは滅びるであろう。何と(惑意をもって)かれらは策謀したことよ。19
   
重ねていう。かれは滅びるであろう。何とかれは策謀したことよ。20
   
その時,かれはちらっと(クルアーンを)眺め,21
   
眉をひそめ,苦い顔をして,22
   
それから,高慢に背を向けて去った。23
   
かれは言った。「これは昔からの魔術に過ぎません。24
   
どうみても人間の言葉に過ぎません。」25
   
やがてわれは地獄の火て,かれを焼くであろう。26
   
地獄の火が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。27
   
それは何ものも免れさせず,また何ものも残さない。28
   
人の皮膚を,黒く焦がす。29
   
その上には19(の天使が看守る)。30
   
われが業火の看守として,天使たちの外に誰も命じなかった。またかれらの数を限定したことは,不信心の者たちに対する一つの試みに過ぎない。(それにより)啓典を授けられた者たちを確信させ,また信じる者の信仰を深めるためである。また啓典を授けられた者や信者たちが,疑いを残さず,またその心に病の宿る者や,不信者たちに,「アッラーはこの比喩で,何を御望みになるのでしょうか。」と言わせるためである。このようにアッラーは,御自分の望みの者を迷わせ,また望みの者を導かれる。そしてかれの外誰もあなたの主の軍勢を知らないのである。本当にこれは人間に対する訓戒に外ならない。31
   
いや,月に誓けて,32
   
退こうとする,夜に誓けて,33
   
また輝こうとする,暁に誓けて(誓う)。34
   
それは大きな(徴の)一つであり,35
   
人間への警告。36
   
あなたがたの中,前に進むことを望む者,また後に残ることを願う者への(警告である)。37
   
それぞれの魂は,その行ったことに対し,(アッラーに)担保を提供している。38
   
右手の仲間は別である。39
   
(かれらは)楽園の中にいて,互いに尋ね合うであろう。40
   
罪を犯した者たちに就いて,41
   
「何が,あなたがたを烈火の中に導いたのですか。」と。42
   
かれらは(答えて)言う。「わたしたちは礼拝を捧げていませんでした。43
   
わたしたちはまた,貧者を養いませんでした。44
   
わたしたちは空論の徒と共に無駄話に耽り,45
   
常に審判の日を否定していました。46
   
遂に真実が,わたしたちに到来しました。」47
   
それで執り成す者の執り成しも,かれらに役立たないであろう。48
   
一体訓戒から背き去るとは,かれらはどうしたのであろう。49
   
かれらは丁度獅子を見て恐怖に陥ったロバのように,50
   
一目散に逃げ出すかのようであった。51
   
いや,かれらはそれぞれ開かれた書巻が授けられることを望んでいる。52
   
いや断してそうではない。かれらは来世を恐れていないのである。53
   
いや,これは正に訓戒である。54
   
だから誰でも欲する者には,それを肝に銘じさせなさい。55
   
だが,アッラーが望まれる者の外は,留意しないであろう。かれは畏るべき御方よく許して下される御方である。56
   
All Rights Reserved © 1995-2016.