聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 復活 (アル・キヤーマ)
本章は,1節にある語にちなんで復活章と名付けられる。前の2章よりも少し後のマッカ初期の啓示である。悔い改めない人に関し,特にその内面の心理的変遷の立場から,復活につき訓戒される。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
わたしは,復活の日において誓う。1
   
また,自責する魂において誓う。2
   
人間は,われがかれの骨を集められないと考えるのか。3
   
いや,われはかれの指先(の骨)まで揃えることが出来るのである。4
   
だが人間は,かれの御前(の生活)においても,罪を犯すことを望む。5
   
かれは,「復活の日はいつか。」と問う。6
   
遂に目が眩む時,7
   
月は(蝕?)けり,8
   
太陽と月は合わせられる。9
   
その日人間は,「どこに避難しようか。」と言う。10
   
断じて避けられないのである。11
   
あなたの主の御許が,その日定めの住まいである。12
   
その日(凡ての)人間は,既に行ったことと,後に残したことに就いて各げられるであろう。13
   
いや人間は,自分自身に対し証人である。14
   
仮令かれが,いろいろ弁解しても。15
   
この(クルアーンを催促するために)あなたの舌を急がしく動かしてはならない。16
   
それを集め,それを読ませるのは,われの仕事である。17
   
それでわれがそれを読んだ時,その読誦に従え。18
   
更にそれを解き明かすのも,本当にわれの仕事である。19
   
いや,あなたがたは(果ない)浮世を愛して,20
   
来世を等閑にする。21
   
その日,或る者たちの顔は輝き,22
   
かれらの主を,仰ぎ見る。23
   
またその日,或る者たちの顔は暗く,24
   
背骨を砕く程の大災難が,かれらに降り掛かることを知るであろう。25
   
いや,(魂が)喉元に届く時,26
   
言われよう。「誰か,呪いが出来るか。」27
   
かれは離別(の時)であることを悟るであろう。28
   
一つの脚は他方の脚にれ絡まり,29
   
その日かれは,主に駆り立てられる。30
   
かれは真理を受け入れず,また礼拝も棒げなかった,31
   
却って(真理)を虚偽とし,背き去り,32
   
思いあがって家族の許に赴いた。33
   
あなた(多神教徒)に災いあれ,(本当に)災いなるかな。34
   
重ねていう。あなたに災いあれ,(本当に)災いなるかな。35
   
人間は,(目的もなく)その儘で放任されると思うのか。36
   
元々かれは射出された,一滴の精液ではなかったか。37
   
それから一塊の血となり,更にアッラーが,(均整に)形作り,38
   
かれは,人間を男と女の両性になされたのではなかったか。39
   
それでもかれには,死者を甦らせる御力がないとするのか。40
   
All Rights Reserved © 1995-2016.