聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 送られるもの (アル・ムルサラート)
本章名は,第1節の語にちなみ名付けられ,75章に近いころのマッカ初期の啓示である。その内容も,ややそれと似かよっていて,真理を拒んだ者の来世での恐怖が記される。「(真理を)拒んだ者にとり,その日こそ哀れである」の訓戒の句が,本章の中で,10節にわたり繰り返えされている。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
次々に送られる風において。1
   
猛威を振う風において。2
   
雨を(西?)す風において。3
   
真理と虚偽を区別する(クルアーンの)啓示において。4
   
啓示を預言者たちに伝える天使たちにおいて(誓う)。5
   
アッラーからの御諭しと警告として(伝えている)。6
   
(マッカの背信者よ。)あなたがたに約束されたこと(復活の日と懲罰)が確かに起る。7
   
諸星が消される時,8
   
天が裂け散る時,9
   
山々が塵のように運び去られる時,10
   
使徒たちが定められた時に召集される時,11
   
(それらは)いつの日まで猶予されたのか。12
   
裁きの日までである。13
   
裁きの日が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。14
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。15
   
われは(悪行のために)前代の者を滅ぼさなかったか。16
   
その後われは,後代の者にかれらを継がせたではないか。17
   
このようにわれは罪のある者たちを処分する。18
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。19
   
われはあなたがたを卑しい水から創ったではないか。20
   
われはそれを,安泰な休み所(子宮)に置いた,21
   
定められた時期まで。22
   
われはそう定めた。わが決定の何と善いことよ。23
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。24
   
われは,大地を大きな容器としなかったか,25
   
生存者と死者(双方のために)。26
   
その上に山々を高く聳えさせ,また清鮮な水をあなたがたに飲ませたではないか。27
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。28
   
(仰せられよう。)「赴け,あなたがたが嘘であると言って来た所(地獄)ヘ。29
   
赴け,あなたがた3っの枝(に立ち登る煙)の陰に。」30
   
それは影にもならず,また燃え盛る炎に対しては役に立たないであろう。31
   
それは(巨大な)砦のような炎を吐き,32
   
丁度(狂奔する)黄褐色のラクダのよう。33
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。34
   
それは,発言することが出来ない日であり,35
   
また申し開きも,かれらに許されないであろう。36
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。37
   
それは裁きの日であり,われはあなたがたも(あなたがた)以前の者たちも,一緒に集める。38
   
あなたがたに何か術策があるのなら,われに向かって策謀するがいい。39
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。40
   
主を畏れる者は,本当に(涼しい)影と泉の間にいるだろう。41
   
かれらが欲する,凡ての果実(を得る)。42
   
「心の底から満足して食べ且つ飲め,あなたがた(の善い)行いをしたことに対して。」(とわれは言おう。)43
   
このようにわれは,善い行いの者たちに報いる。44
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。45
   
(あなたがた不義の者よ。)「しばしの間食べ且つ享楽するがいい。本当にあなたがたは罪深い者である。」46
   
(真理を)嘘であると言って来た者たちにとり,その日こそ哀れである。47
   
かれらは,「立礼〔ルクーウ〕せよ。」と言われても立礼しない。48
   
(真理を)嘘であると言ってきた者たちにとり,その日こそ哀れである。49
   
この(クルアーン)を差し置いて,どんな教えをかれらは信じようとするのか。50
   
All Rights Reserved © 1995-2016.