聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 消息 (アン・ナバア)
本章は,第2節にある語にちなみ消息章と名付けられる。前章と同じくマッカの初期の,76章に近いころの啓示とされる。悪が克服されて,自ら善に向かう場合は,善性に移行することに対する,アッラーの愛護は格別こまやかなことがいわれる。それでその意志のある者は,主の御加護を請い願うよう教えられる。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
何事に就いて, かれらは尋ね合うのか。1
   
偉大な消息に就いて。2
   
それに就いて,かれらは意見が果なる。3
   
いや,かれらはやがて知ろう.4
   
いや,いや,かれらはやがて知るであろう。5
   
われは大地を,広々としなかったか。6
   
また山々を,杭としたてはないか。7
   
われはあなたがたを両性に創り,8
   
また休息のため,あなたがたの睡眠を定め,9
   
夜を覆いとし,10
   
昼を生計の手段として定めた。11
   
またわれは,あなたがたの上に堅固に7層(の天)を打ち建て,12
   
輝やかしい灯し火を(その中に)字置き,13
   
われは雲から豊かに雨を降らせ,14
   
それによって,殻物や野菜を萠え出させ,15
   
様々な園を茂らせる。16
   
本当に裁きの日は定められていて,17
   
その日,ラッパが吹かれるとあなたがたは群をなして出て来る。18
   
天は開かれて数々の門となり,19
   
山々は移されて蜃気楼のようになる。20
   
本当に地獄は,待ち伏せの場であり,21
   
背信者の落ち着く所,22
   
かれらは何時までもその中に住むであろう。23
   
そこで涼しさも味わえず,(どんな)飲物もない,24
   
煮えたぎる湯と膿の外には。25
   
(かれらのため)相応しい報奨である。26
   
本当にかれらは,(その行いに対する)清算を希望しないでいた。27
   
またかれらはわが印を嘘であると言って,強く拒否した。28
   
われは一切のことを,天の書に留めている。29
   
だからあなたがたは(自分の行いの結果を)味わえ。われは懲罰を増加するばかりである。30
   
本当に主を畏れる者には,安全な場所(楽園)がある。31
   
緑の園や,ブドウ園,32
   
胸の脹れた同じ年頃の乙女たち,33
   
またなみなみと(溢?)れる杯。34
   
そこではつまらぬ話や偽り言を聞かない。35
   
これらはあなたの主からの報奨,賜物の決算である。36
   
天と地,そしてその間の凡てのものの主,慈悲深き御方(からの賜物であり),誰もかれに語りかけることは出来ない。37
   
聖霊と天使たちが,整列して立つ日,慈悲深き御方から御許しを得て正しいことを言う者以外には,誰も口をきくことが出来ない。38
   
それは真実の日である。だから誰でも望む者は,主の御許に戻るがいい。39
   
本当にわれは,懲罰が近いと,あなたがたに警告した。その日,人は,自分の両方の手が前もって行ったもの(所業)を見るであろう。不信者は,「ああ,情けない,わたしが塵であったならば。」と言うであろう。40
   
All Rights Reserved © 1995-2016.