聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 引き離すもの (アン・ナーズィアート)
本章名は,第1節にある語にちなみ名付けられる。前章と同じころのマッカ初期の啓示である。審判が神秘的に叙述され,奉仕によって,啓示の実を成就することにつき預言される。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
荒々しく(罪深い者の魂を)引き離すものだおいて(誓う),1
   
優しく(信仰深い者の魂を)引き出すものにおいて,2
   
泳ぐように(慈悲の使いに)滑走するものにおいて,3
   
先を争って前進するものにおいて,4
   
(主の命令で)事を処理するものにおいて(誓う)。5
   
その日(第一のラッパで),震動が(凡てのものを)揺がし,6
   
次のラッパ(で震動)が,続く。7
   
(不信者の)心は,その日戦き震え,8
   
目を伏せるであろう。9
   
かれらは言う。「わたしたちは初め(生前)の状態に,本当に返るのでしょうか。10
   
何と,わたしたちは朽ち果てた骨になってしまったのに。」11
   
かれらは言う。「その場合(復活),損な戻りです。」12
   
(復活は),只一声の叫びである。13
   
見よ,かれらは目覚めて(地上に)現われる。14
   
ムーサーの物語が,あなたに届いたか。15
   
主がトワーの聖谷に,かれを呼ばれた時を思い起せ。16
   
(かれは仰せられた。)「あなたはフィルアウンの許に行け。本当にかれは目にあまる者である。17
   
そしてかれに言ってやるがいい。『あなたは(罪から)清められたいのか。18
   
わたしはあなたを,主の御許に導く。あなたは(かれを)畏れなさい。』」19
   
(ムーサーは)偉大な印をかれに示した。20
   
だがかれ(フィルアウン)はそれを嘘であるとし,(導きに)従わなかった。21
   
背を向けて急いで去った。22
   
かれ(フィルアウン)は,(その民を)集め宣言して,23
   
言った。「わたしはあなたがたの主,至高者である。」24
   
そこでアッラーはかれを懲しめ,来世と現世の生活に懲罰を加えられた。25
   
本当にこの中には(主を)畏れる者への一つの教訓がある。26
   
あなたがたは(かれが)うち建てられた天(の創造)が,あなたがたを創ることより難しいとでも思うのか。27
   
かれはそれを高く掲げ,それから整え,28
   
夜を暗くなされ,また,光明を現わされる。29
   
その後,大地を延べ広げられた。30
   
そこから水と牧場を現われさせ,31
   
また山々をそれにしっかりと据えられ,32
   
あなたがたとあなたがたの家畜のための,用益に供される。33
   
それで大きい災厄が来ると,34
   
その日,人々は(現世で)その努力したことを思い出し,35
   
また獄火は,誰でも見る(程の)者に(ありありと)現わされる。36
   
その時,酷く目にあまった者,37
   
またこの世の生活を重んじていた者は,38
   
本当に火獄がその住まいであろう。39
   
だが主の御前に立つことを恐れた者,また低劣な欲望に対し(自分の)魂を抑制した者は,40
   
本当に楽園がその住まいであろう。41
   
かれらはその時に就いて,あなたに問う。「それが到来するのは,何時(の日)ですか。」42
   
あなたは,何によってそれを告げられようか。43
   
その終末(の知識)は,あなたの主にあるだけ。44
   
あなたは,それを恐れる者への,一人の警告者に過ぎない。45
   
かれらがそれを見る日,(墓の中に)滞留していたのは,一夕か一朝に過ぎなかったように思うであろう。46
   
All Rights Reserved © 1995-2016.