聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 包み隠す (アッ・タクウィール)
本章名は,第1節の語にちなんで名付けられる。マッカ最初期の啓示である。それは高い調子の神秘な隠喩的に示唆する一連の話(第1−13節)で始まり,各人の個人的責任に対する結果は免れられないこと(第14節)が強調される。またクルアーンは真実で,天使ジブリールを通じて啓示されたもので人間の精神指導(第14−29)が提示される。本章は,82章および84章と比較対照して読むべきである。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
太陽が包み隠される時,1
   
諸星が落ちる時,2
   
山々が散る時,3
   
孕んで10ケ月の雌駱駝が等閑にされる時,4
   
様々な野獣が(恐怖の余り)群をなし集まる時,5
   
大洋が沸きたち,(漆?)れる時,6
   
それぞれの魂が(肉体と)組み合わされる時,7
   
生き埋められていた(女児が)8
   
どんな罪で殺されたかと問われる時,9
   
(天の)帳簿が,開かれる時,10
   
天が(則?)ぎ取られる時,11
   
獄火が炎を上げさせられる時,12
   
楽園が近付く時,13
   
(その時)凡ての魂は,先に行った(善悪)の所業を知るであろう。14
   
わたしは沈みゆく諸星において誓う。15
   
(軌道を)運行して没する(諸星において)16
   
暗闇を迎える夜において,17
   
夜明けを迎える朝において(誓う)。18
   
本当にこれ(クルアーン)は,高貴な使徒(ジブリール)の(アッラーからの)言葉19
   
(かれは)玉座の主の御前で(尊厳される地位の)座につく,力のある,20
   
従われ,信頼される(使徒である)。21
   
(人びとよ)あなたかたの仲間(ムハンマド)は,気違いではない。22
   
かれは,明るい地平線上にはっきりとかれ(ジブリール)を見た。23
   
かれは幽玄界(の知っていること)を出し借しまない。24
   
それ(クルアーン)は,呪われた悪魔の言葉でもない。25
   
それなのにあなたがたは(それらのことを信用せず)何処へ行くのか。26
   
これ(クルアーン)こそは,万人への教訓に外ならない。27
   
それはあなたがたの中,誰でも正しい道を歩みたいと望む者のためのものである。28
   
だが万有の主,アッラーの御望みがない限り,あなたがたはこれを望むことも出来ないのである。29
   
All Rights Reserved © 1995-2016.