聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 星座 (アル・ブルージュ)
本章名は,第1節にある語にちなみ名付けられる。91章と同じ頃のマッカ初期の啓示である。アッラーの崇拝者への迫害が,主題として取扱われる。主は,親しく不断に監視され,真理の敵を過去において処罰されたように処分されるであろう。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
諸星座のある天において,1
   
約束された(審判の)日において,2
   
立証する者と,立証されるものとにおいて(誓う)。3
   
坑の住人は滅ぼされ,4
   
火には薪が接ぎ足される。5
   
見よ。かれらはその傍に座り,6
   
信者に対してかれらが行ったこと(の凡て)に就いて,立証される。7
   
かれらがかれら(信者)を迫害したのは,偉力ある御方,讃美されるべき御方アッラーを,かれら(信者)が信仰したために外ならない。8
   
かれに,天と地の大権は属する。アッラーは凡てのことの立証者であられる。9
   
本当に信仰する男と女を迫害して,それから悔悟しなかった者には地獄の懲罰があり,またかれらには炎火の懲罰があろう。10
   
信仰して善行に勤しんだ者には,川が下を流れる楽園があろう。これは偉大な幸福の成就である。11
   
本当にあなたの主の捕え方(懲罰)は強烈である。12
   
かれこそは創造をなされ,またそれを繰り返される御方である。13
   
かれは,寛容にして博愛ならびない御方。14
   
栄光に満ちた,至高の玉座の主。15
   
かれは御望みのことを,遂行なされる。16
   
軍勢の物語が,あなたに達したか,17
   
フィルアウンとサムード(の民の)。18
   
いや,信じない者は(なお真理を)嘘であるとしている。19
   
だがアッラーは,背後からかれらをとり囲まれる。20
   
いやこれは,栄光に満ちたクルアーンで,21
   
守護された碑板に(銘記されている)。22
   
All Rights Reserved © 1995-2016.