聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 至高者 (アル・アアラー)
本章名は,第1節にある語にちなみ名付けられる。81章の直後,マッカ最初期の第8番目の啓示といわれる。アッラーは,人間が段階を追って向上進歩することが可能なように創造され,また啓示により,さらに高く清めて完成に導いて下される。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
至高の御方,あなたの主の御名を讃えなさい。1
   
かれは創造し,整え調和させる御方,2
   
またかれは,法を定めて導き,3
   
牧野を現わされる御方。4
   
それから,浅黒く枯れた刈株になされる。5
   
われは,あなたに読誦させるようにした。それであなたは忘れないであろう。6
   
アッラーの御望みがない限りは。本当にかれは,表われたものと隠れたものを知っておられる。7
   
われはあなたに(道を)平坦で,安易にするであろう。8
   
だから訓戒しなさい。訓戒は(聞く者に)役立つ。9
   
訓戒は,主を畏れる者に受け入れられよう。10
   
だが最も不幸な者は,それを避けるであろう。11
   
かれは巨大な炎で焼かれよう。12
   
その中で,死にも,生きもしない。13
   
だが自ら清めた者は必ず栄え,14
   
かれの主の御名を唱念し,礼拝を守る。15
   
いや,あなたがたは現世の生活の方を好む。16
   
来世がもっと優れ,またもっと永遠なものであるのに。17
   
これは本当に,昔の啓典にあり,18
   
イブラーヒームやムーサーの啓典にもある。19
   
All Rights Reserved © 1995-2016.