聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 圧倒的事態 (アル・ガーシヤ)
本章は,第1節の冒頭の語にちなみ,圧倒的事態章と名付けられる。マッカ初期の終り,開教第4年頃の啓示である。来世における真の清算が決定される日の,善と悪との運命が,対照的に記される。アッラーの種々のしろしは現世においても,清算の日をわれわれに気付かせる,それはアッラーが,至善,公正であられ,創造は至当な目的のためのものであるためである。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
圧倒的(事態の)消息が,あなたに達したか。1
   
(或る者の)顔はその日項垂れ,2
   
骨折り疲れ切って,3
   
燃えさかる獄火で焼かれ,4
   
煮えたぎる泉水を飲まされる。5
   
かれらには苦い茨の外に,食物はなく,6
   
それは栄養にもならず,飢えも癒せない。7
   
(外の或る者たちの)顔は,その日歓喜し,8
   
かれらは努力して心充ち足り,9
   
高い楽園の中に置り,10
   
そこで,虚しい(言葉)を聞かない。11
   
そこには,流れる泉があり,12
   
高く上げられた(位階の)寝床があり,13
   
大杯が備えられ,14
   
褥は数列に並べられ,15
   
敷物が敷きつめられている。16
   
かれらは骼駝に就いて,如何に創られたかを考えてみないのか。17
   
また天に就いて,如何に高く掲げられたか,18
   
また山々に就いて,如何に据え付けられているか,19
   
また大地に就いて,如何に広げられているかを。20
   
だからあなたは訓戒しなさい。本当にあなたは一人の訓戒者に外ならない。21
   
かれらのための,支配者ではない。22
   
だが誰でも,背き去って信仰を拒否するならば,23
   
アッラーは最大の懲罰でかれらを罰される。24
   
本当にわれの許に,かれらは婦り来るのである。25
   
かれらの清算は,本当にわれの任である。26
   
All Rights Reserved © 1995-2016.