聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 太陽 (アッ・シャムス)
本章は,第1節冒頭の語にちなみ太陽章と名付けられる。前章同様マッカ最初期の啓示である。美しい自然に関する諸節で始められ,人間の責任感の覚醒の緊要なことが述べられ,真理を拒む者に対する恐しい結果を警告する。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
太陽とその輝きにおいて,1
   
それに従う月において,2
   
(太陽を)輝き現わす昼において,3
   
それを覆う夜において,4
   
天と,それを打ち建てた御方において,5
   
大地と,それを広げた御方において,6
   
魂と,それを釣合い秩序付けた御方において,7
   
邪悪と信心に就いて,それ(魂)に示唆した御方において(誓う)。8
   
本当にそれ(魂)を清める者は成功し,9
   
それを汚す者は滅びる。10
   
サムード(の民)は,その法外な行いによって(預言者を)嘘付き呼ばわりした。11
   
かれらの中の最も邪悪の者が(不信心のため)立ち上がった時,12
   
アッラーの使徒(サーリフ)はかれらに,「アッラーの雌骼駝である。それに水を飲ませなさい。」と言った。13
   
だがかれらは,かれを嘘付き者と呼び,その膝の腱を切っ(て不具にし)た。それで主は,その罪のためにかれらを滅ぼし,平らげられた。14
   
かれは,その結果を顧慮されない。15
   
All Rights Reserved © 1995-2016.