聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 無花果 (アッ・ティーン)
本章は,冒頭の語にちなみ無花果章と名付けられる。マッカ最初期の啓示の一つで,この主題は103車と近似してい
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
無花果とオリーブにおいて,1
   
シナイ山において,2
   
また平安なこの町において(誓う)。3
   
本当にわれは,人間を最も美しい姿に創った。4
   
それからわれは,かれを最も低く下げた。5
   
信仰して善行に動しむ者は別である。かれらに対しては果てしない報奨があろう。6
   
なぜそれでも,おまえは宗教(真実)を否定するのか。7
   
アッラーは,最も優れた審判者ではないか。8
   
All Rights Reserved © 1995-2016.