聖クルアーン
トップ » 聖クルアーン » 凝血 (アル・アラク)
本章名は,第2節の語にちなみ名付けられる。また第1節の冒頭の語により読唱〔イクラア〕章とも呼ばれる。第1−5節はヌール山頂のヒラーの洞窟で聖預言者に最初に下された啓示である。それ以下の第6−19節は,啓示の中断以後に下ったものであるが,伝道上の障害である。人間の厳固や,虚栄や横柄な態度にかんがみ,説教に対する命令が含まれているので,最初の啓示と一緒に本章にまとめられたものであろう。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。  
読め,「創造なされる御方,あなたの主の御名において。1
   
一凝血から,人間を創られた。」2
   
読め,「あなたの主は,最高の尊貴であられ,3
   
筆によって(書くことを)教えられた御方。4
   
人間に未知なることを教えられた御方である。」5
   
いや,人間は本当に法外で,6
   
自分で何も足りないところはないと考えている。7
   
本当にあなたの主に(凡てのものは)帰されるのである。8
   
あなたは,阻止する者を見たか,9
   
一人のしもべ(ムハンマド)が,礼拝を捧げる時に。10
   
あなたは,かれ(阻止する者)が,(正しい道)に導かれていると思うのか。11
   
敬神を勧めているか,12
   
(真理を)嘘であるとして背を向けたと思うのか。13
   
かれは,アッラーが見ておられることを知らないのか。14
   
断じてそうではない。もしかれが止ないならば,われは前髪でかれを捕えるであろう,15
   
嘘付きで,罪深い前髪を。16
   
そしてかれの(救助のために)一味を召集させなさい。17
   
われは看守(の天使)を召集するであろう。18
   
断じてそうあるべきではない。あなたはかれに従ってはならない。一途にサジダして(主に)近付け。〔サジダ〕19
   
All Rights Reserved © 1995-2016.